Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
広告
SEARCH

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SKYPE
PC: skype.jojo.jp
chat
iPad: iphone.jojo.jp
chat call
THANKS



本日:
昨日:
多言語
広告
 ▼▲ 作業日報 ▼△
    What's under the hood?
<< hung_task_timeout_secs (md: delaying data-check時) | main | Dell PowerEdge SC1435 レビュー_動画・消費電力 >>
RAIDドライブの監視_メール通知 mdadm --monitor 
 ソフトウェアRAIDで冗長化しHDDに障害が発生した場合、直ぐにメールで連絡・対応したいと思いますが、以下がその方法です。
 Debianをインストールすると、監視モードでmdadm が動いています。
/sbin/mdadm --monitor --pid-file /var/run/mdadm/monitor.pid --daemonise --scan --syslog
 この状態でRAIDデバイスになんらかの異常(イベント)が発生するとsyslogに記載し、設定ファイル(mdadm.conf)にPROGRAM指定があればプログラムを起動し、又MAILADDR指定があればメールブルーマークのあるイベントではメールを出します(--scanはすべてのraidドライブを対象)。

イベント名内  容
DeviceDisappearedいままで組み込まれていたはずの md アレイが無くなった。
RebuildStarted md アレイの再構築が始まった。
RebuildNNmd アレイの再構築が NN パーセント終わった。 NN は 20,40,60,80 のいずれか。
Fail メールブルー アクティブなアレイ構成デバイスの 1 つが不良とマークされた。
FailSpare メールブルースペアデバイスによる不良ドライブの置換えが失敗した。
SpareActiveスペアデバイスによる不良ドライブの置換え・再構築が完了しアクティブとなった。
NewArray 新しいmdアレイが /proc/mdstat 内に検出された。
MoveSpareスペアドライブが本来のアレイでない別のアレイの置換えに流用された。

注意点としては、メールが来ない場合は以下の点を確認
1.外部にメールを送信できるか
  sendmailプログラムが正常に動く
  (qmailであればsmtproute にSMTPサーバが登録してあるとか)

2./etc/mdadm/mdadm.confを変更した場合は
  モニターデーモンを再起動する必要があります
  #/etc/init.d/mdadm restart


メール配信のテストとして、
#mdadm --monitor --scan --test -1
で「TestMessage event on /dev/md0:XXXX」メールが来るのを確認し、
正常に監視状態となっていれば、raid構成のデバイスにfailフラグをつけると直ぐに「FailSpare event on /dev/md0:XXXX」メールが来るのを確認します。
#mdadm --manage --fail /dev/md0 /dev/sda1

※当然ですが、接続できるところにSMTPサーバ(MTA)が必要です(ダイヤルアップでプロバイダSMTP、自前SMTP、SMTPWEBサービス等)。。。メール配信だけを行うメールハブ用のLinuxBoxあっても面白そぅ(D21HWなんかで)、暇があったらサーバの構築スクリプトを作っとこ
リンク:
 mdadmによるRAIDホットスワップ手順_図説
| サーバー関連 | 19:57 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.jojo.jp/trackback/1220084