Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
広告
SEARCH

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SKYPE
PC: skype.jojo.jp
chat
iPad: iphone.jojo.jp
chat call
THANKS



本日:
昨日:
多言語
広告
 ▼▲ 作業日報 ▼△
    What's under the hood?
<< 花畑牧場・生キャラメル(北海道土産) | main | テンプレートエンジンとか。 >>
ファンクションジェネレータと周波数カウンタ
 ここのところ土日はArduinoから始まって、ATMega168で遊んでいます。
 ATMega168単体(¥300)で動作させるようにライタ(AVRISP MkII)を接続しROMの読み書きを出来るようにし、PCとの情報のやりとりでシリアル(RS-232C)を実装したかったのでSP3232,ADM3202チップを利用してなんとか接続。
 先日作成したXR-2206を利用したファンクションジェネレータとここで紹介されていた、Arduino用の「Arduino Frequency Counter Library」を利用して周波数を測定しシリアルに出力するようにしてみました。

以前はXR2206CPへの電源(10V)供給にチャージポンプモジュールを利用していたのですが、勿体ない(¥800円)のでADM3202(¥200)が作っている10Vを利用(いいのか?)

 MAX232互換チップでの接続、結構苦労しました。。配線(コネクタへ)を違っていたり、ノイズ拾ってたり、ソフトがバグっていたりと、何がダメなのかが配線図だけみて理解しないでやっていたので、1日潰しました。。このICはシリアル-パラレル変換などやっているのかなと思っていたら、電圧レベルの変換とレベルの反転だけなんですね・・telnetでcom1で送受信できた時はさすがに嬉しかったです。


今日も夕立
来週あたりにはLCDに表示できるようにしよ。

そろそろ回路図等挙げておいたほうがいい思い、回路図エディタ(水魚堂:BSch3V)を利用し、やり始めたのですが、、、また時間があればやります。



今日はフロ(26日)の日なので、近場の天風の湯にでも寄って帰ります。
・実験風景
| ハード関係 | 20:52 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.jojo.jp/trackback/1266248