Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
広告
SEARCH

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SKYPE
PC: skype.jojo.jp
chat
iPad: iphone.jojo.jp
chat call
THANKS



本日:
昨日:
多言語
広告
 ▼▲ 作業日報 ▼△
    What's under the hood?
<< SONY DSC-WX1購入 | main | 【写真】極道面犬 >>
【Apache】名前ベースとは(httpd.conf::NameVirtualHost)
大手のサイトですと、一つのドメインを複数のウェブサーバに負荷分散させていますが、小規模なサイトを運用する場合、一つのウェブサーバでももてあますので複数のウェブサイトを管理するのが現実的です(独自ドメインのホスティングとか)。

例えば、 www.site1.jp と www.site2.jp 小規模なサイトで同一IPで運用したい場合、DNSで www.site1.jp www.site2.jp を引くと 10.10.10.10 を返すとします。
 そうなるとウェブサーバは10.10.10.10の80番で www.site1.jp なのか www.site2.jpなのかを判断しコンテンツを振利分けなければなりません。これを「名前ベース」の運用といいます。

この場合、設定に必要になるのが、httpd.conf の NameVirtualHost ディレクティブです。

サーバはNameVirtualHost で定義されたIPアドレス(若しくはFQFN)でアクセスのあった場合は、その後に続く指定されたIPアドレスと同一のVirtualHostタグ内のServerNameにより必要なコンテンツを選択します。


リンク:
 ・NameVirtualHost ディレクティブ
 ・名前ベースのバーチャルホストを利用する
| サーバー関連 | 14:46 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.jojo.jp/trackback/1312120