Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
広告
SEARCH

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SKYPE
PC: skype.jojo.jp
chat
iPad: iphone.jojo.jp
chat call
THANKS



本日:
昨日:
多言語
広告
 ▼▲ 作業日報 ▼△
    What's under the hood?
<< pt2x2 linux | main | 【Debian】シリアル(COMポート) コンソールの利用 >>
RTX1200マニュアル目立った点
4.32 TELNET サーバーへ同時に接続できるユーザ数の設定 telnetd session lan port-mirroring [設定例] 例1) ポート4 でポート1 受信パケットを観測 # lan port-mirroring lan1 4 in 1 例2) ポート4 ポート1 送受信パケットとポート2 送信パケットを観測 # lan port-mirroring lan1 4 in 1 out 1 2 [適用モデル] RTX1500, RTX1200, RTX1100, RTX1000, SRT100 4.39 LAN インタフェースの動作タイプの設定 [ 4.46 HTTP リビジョンアップ実行を許可するか否かの設定 http revision-up permit permit no http revision-up permit [permit] 4.53 SSH サーバー機能のON/OFF の設定 sshd service service 4.57 SSH サーバーホスト鍵の設定 4.59 SSH クライアントの生存確認 [書式] sshd client alive switch 4.67 LED の輝度を調整する system led brightness 0か1 第5 章 ヤマハルーター用ファイルシステムRTFS 読み出し専用データを保存する用途 としてRTFS を使用してください。 。ログファイルの記録など、RTFS 領域への定期的な書き込みはフラッシュROM の消耗 を早めます。 5.1 RTFS のフォーマット [書式] rtfs format 6.1.9 PIAFS の発信方式の設定 第9 章 IP の設定 [にIP アドレスを設定していない場合には、そのインタフェースはunnumbered として動作する。 9.1.15 1 秒間に侵入検知情報を通知する頻度の設定 [ 第20 章 IPsec の設定 第25 章 DNS の設定 第41 章 生存通知機能 リリース2 コマンドリファレンス| 生存通知機能 リリース2 | 419 第43 章 外部メモリ機能 43.9 バッチファイルを実行する [書式] execute batch [memory batch filename コ Lua スクリプトを 第44 章 HTTP アップロード機能 第45 章 モバイルインターネット接続機能 携帯端末をルーター本体に接続し、携帯端末から発信してインターネット接続する機能です。 固定回線がなくても本機能に対応した携帯端末があればインターネット接続をすることができます。 本機能は発信のみに対応し、着信での利用はできません。 現時点で対応する携帯端末はUSB ケーブルで接続するものだけとなります。 この場合、携帯端末をUSB モデムとして制御することになります 第47 章 QAC/TM QAC/TM 機能は、LAN 配下のPC におけるアンチウイルスクライアントソフトウェアのインストール状況やウイルスパタ ーンファイルならびにウイルス検索エンジンのバージョンを確認して、その結果に応じてPC がアクセスできるネットワ ークを制御します。 第48 章 Lua スクリプト機能 コマンドリファレンス| Lua スクリプト機能| 463 48.3 Lua コンパイラの実行 第49 章 カスタムGUI カスタムGUI とは、ルーターの設定を行うためのGUI (WWW ブラウザに対応するユーザインタフェース) をユーザが独 自に設計し組み込むことができる機能です。ルーターにはホストからHTTP で設定を転送するためのインタフェースが 用意されており、ユーザはJavaScript を使用してGUI を作成します。 ヤマハルーターにはWWW ブラウザ設定支援機能が搭載されていますが、ユーザごとに設定画面を変更することはできま コマンドリファレンス| カスタムGUI | 467 第50 章 診断 50.1 ポートの開閉状態の診断 [書式] diagnose config port map interface protocol [src_addr [src_port]] dst_addr [設定値及び初期値] 50.2 ポートへ到達可能なアクセス範囲の診断 [書式] diagnose config port access interface [protocol] dst_addr dst_port 52.3.5 ファームウェアファイルを内蔵フラッシュROM にコピー [書式] copy exec from to [設定値及び初期値] 52.5 ファイル、ディレクトリの操作 52.5.1 ディレクトリの作成 [書式] make directory path [設定値及び初期値] 52.6.19 Magic Packet の送信 [書式] 53.9 SSH サーバー公開鍵の表示 [書式] show sshd public key 54.19 IP マスカレードで使用しているポート番号の個数の表示 [書式] show nat descriptor masquerade port [nat_descriptor] summary 54.53 リモートセットアップ機能に関する接続情報の表示 54.54 技術情報の表示 54.55 microSD スロットの動作状態を表示 [書式] show status sd microSD スロットの動作状態を表示する。 54.56 外部メモリの動作状態を表示 [書式] show status external-memory 第55 章 ロギング
| - | 10:23 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.jojo.jp/trackback/1421878