Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
広告
SEARCH

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SKYPE
PC: skype.jojo.jp
chat
iPad: iphone.jojo.jp
chat call
THANKS



本日:
昨日:
多言語
広告
 ▼▲ 作業日報 ▼△
    What's under the hood?
<< 車のドアに手をはさんだらしい・・ | main | iptablesでのDOS対策(--limit) >>
qmailとvpopmailセットアップメモ
ローカルでバーチャルなドメインと、メールシステムを組む際メモ です。
qmail+vpopmail+tcpserver

必要ファイル(説明)
netqmail-1.05.tar.gz(qmail メールサーバ本体)
vpopmail-5.4.17.tar.gz(vpopmail 仮想ドメイン実現ツール)
ucspi-tcp-0.88.tar.gz(tcpserver  TCPラッパー、利用できるホストを制限(接続元を限定))
 (http://cr.yp.to/ucspi-tcp.html)

 ucspi-tcp-0.88.errno.patch (tcpserver のパッチ1)
 ucspi-tcp-0.88.a_record.patch(tcpserver のパッチ2)

 ucspi-tcp-0.88.nobase.patch(tcpserver のパッチ3)

・qmail準備
#mkdir /var/qmail
#groupadd  nofiles
#useradd -M  -g nofiles -s /bin/false -d /var/qmail/alias alias
#useradd -M  -g nofiles -s /bin/false -d /var/qmail qmaild
#useradd -M  -g nofiles -s /bin/false -d /var/qmail qmaill
#useradd -M  -g nofiles -s /bin/false -d /var/qmail qmailp
#groupadd qmail
#useradd -M  -g qmail -s /bin/false -d /var/qmail qmailq
#useradd -M  -g qmail -s /bin/false -d /var/qmail qmailr
#useradd -M  -g qmail -s /bin/false -d /var/qmail qmails

・vpopmail用準備
#groupadd vchkpw
#useradd -g vchkpw  vpopmail -M -s /bin/false
#mkdir /home/vpopmail
#chown vpopmail:vchkpw /home/vpopmail

#netqmail-1.05.tar.gz 
適当なところで解凍し、
#tar xvfz netqmail-1.05.tar.gz
#cd netqmail-1.05
#./collate.sh
#make setup check
[qmail インストール終わり]

・TCPラッパ(tcpserver )のセットアップ
#rar xvfz ucspi-tcp-0.88.tar.gz
#cat ucspi-tcp-0.88.errno.patch | patch -p0
#cat ucspi-tcp-0.88.a_record.patch | patch -p0
#cat ucspi-tcp-0.88.nobase.patch | patch -p0
#cd ucspi-tcp-0.88
#make
#make setup check
[tcpserver インストール終わり]

・vpopmailのインストール
#tar xvfz vpopmail-5.4.17.tar.gz
#cd vpopmail-5.4.17.tar.gz
#./configure   --enable-logging=y
#make
#make install-strip
[vpopmail インストール終わり]

・qmailの設定
#/var/qmail/boot/home を /var/qmail/rc として保存し 
#/var/qmail/rc の編集(2行目)
#qmail-start ./Mailbox splogger qmail↓
#qmail-start ./Maildir/ splogger qmail

#/var/qmail/rc &
でスタートさせます

・tcpserver用のアクセス制御ファイルを作成
#vi /var/qmail/tcp.smtp
--------------(とりあえずは全ホストの接続を許可します)
:allow,RELAYCLIENT=""
--------------
コンパイルし tcp.smtp.cdb を作成
#cd /var/qmail
#/usr/local/bin/tcprules tcp.smtp.cdb tcp.smtp.tmp < tcp.smtp
→ tcp.smtp.cdbが作成される


tcpserver経由サービスを上げます
・smtp
#/usr/local/bin/tcpserver -v -x /var/qmail/tcp.smtp.cdb -l0 -R -H 0 pop3 
 /var/qmail/bin/qmail-popup hostname
 /home/vpopmail/bin/vchkpw /var/qmail/bin/qmail-pop3d Maildir  
 2>&1 | /var/qmail/bin/splogger pop3d &

・pop
1005と10004は qmaild の uidとgidです。
#/usr/local/bin/tcpserver -R -H -l0 -v -u 1005 -g 1004 -x /var/qmail/tcp.smtp.cdb 0 smtp 
 /var/qmail/bin/qmail-smtpd 2>&1 | var/qmail/bin/splogger smtpd 2 &
(テスト的な環境では逆引きは制御したほがよかったので -R -H -l0 を指定します)

[サービスの立ち上げ完了]
利用ドメイン、利用ユーザの登録
#/home/vpopmail/bin/vadddomain domain.local
 →postmasterアカウントのパスを聞かれるので適当に答える

利用ユーザの登録
#/home/vpopmail/bin/vadduser user@domain.local 
→ユーザIDのPOPパスワードを聞かれるので適当に答える

[domainと利用ユーザ user@domain.local アカウントの作成終わり]

この辺は適当なスクリプトに、、

・テスト

(1)送信テスト
# echo to:user@domain.local | /var/qmail/bin/qmail-inject
で送信してみて、
/var/vpopmail/domains/domain.local/user/new/ の下に
上で出したメールが入っているかを確認してみます。

(2)MTU(メーラ)がある場合はアカウントを設定して送受信してみます。
 POPユーザIDはメールアドレス(user@domain.local)

qmail本家...必要なツール・パッチ関係はほとんどのものは ここからリンクがはられています

12/19追加
「relays.ordb.org」はあてにならないようです。 BBS/コメント/トラックバックspamその後
bsb.empty.usを利用するようにしました。
tcpserver
| Linux | 15:12 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.jojo.jp/trackback/538337