Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
広告
SEARCH

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SKYPE
PC: skype.jojo.jp
chat
iPad: iphone.jojo.jp
chat call
THANKS



本日:
昨日:
多言語
広告
 ▼▲ 作業日報 ▼△
    What's under the hood?
<< 晩飯 | main | 昼ご飯 >>
例外処理
 関数を記述していく際につい忘れてしまうのが、例外処理。例外は通常上方遷移(呼び出し元)するが、Exceptionは一度処理されると処理済となり「無かった」こととなる、ただExceptionはあくまで言語系で定義されたもののみを処理する。オブジェクトや、クラス(定義済み例外を除く)OLEやDLL内部で発生したエラーは完結していなければならない。 例えば、データベースへの接続コネクションにADODB.Connectionを利用している際にアプリケーション側(DelphiにしろJavaにしろ)ではADODB.Errorsに戻ってきているエラーを返すことはない、逆にオブジェトのエラーとはなるがその例外は呼び出し元の例外には含まれない場合もある(DOMでXPathが検索式に引っかからなかった場合の参照等)この場合はExceptionは無視すべき
| コンピュータ | 09:52 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.jojo.jp/trackback/827018