Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
広告
SEARCH

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SKYPE
PC: skype.jojo.jp
chat
iPad: iphone.jojo.jp
chat call
THANKS



本日:
昨日:
多言語
広告
 ▼▲ 作業日報 ▼△
    What's under the hood?
<< ブート・ジョロキア | main | ezmlmのインストールメモ(qmailadmin) >>
qmailadminインストールメモ
1)qmailadminの取得
 qmailadminとautorespondを用意
http://inter7.com/index.php?page=qmailadmin
Inter7のサイトから
 (現時点での最新バージョンはqmailadmin-1.2.11.tar.gz,
       autorespond-2.0.2.tar.gz)

2)autorespondをコンパイル
host:~$ tar xvfz autorespond-2.0.2.tar.gz
autorespond-2.0.2/
autorespond-2.0.2/README
autorespond-2.0.2/autorespond.c
autorespond-2.0.2/help_message
autorespond-2.0.2/qmail-auto
autorespond-2.0.2/Makefile
host:~$ cd autorespond-2.0.2
host:~/autorespond-2.0.2$ make
gcc -Wall -o autorespond autorespond.c
host:~/autorespond-2.0.2$ sudo make install
gcc -Wall -o autorespond autorespond.c
Installing...
cp autorespond /usr/local/bin/autorespond
chown root /usr/local/bin/autorespond
chgrp root /usr/local/bin/autorespond
host:~/autorespond-2.0.2$

3)qmailadminのインストール
 configureのhtmldirとcgibindirだけを指定し、make,make-stripすると画像とCGIファイル1つを配置していましたが、これがバイナリ形式のCGIになっているので、普通にアクセスするとバイナリをダウンロードしてしまいます。
 それで、そのフォルダ位置をCGIとしてApacheの設定部分を追加
--httpd.conf---

Options ExecCGI
SetHandler cgi-script

 これで一応表示されたましたが、cgiの出す画像位置が画像位置が/images/となっている為表示されません↓

 自分は指定フォルダ(mailadmin)に管理ツールを置きたいかったのでconrifureを最終的に以下のようにしました
3.1)
$./configure --enable-ezmlmdir=n
--enable-htmldir=/usr/local/apache2/htdocs/hogehoge/mailadmin
--enable-cgibindir=/usr/local/apache2/htdocs/hogehoge/mailadmin/cgi
--enable-cgipath=/mailadmin/cgi/qmailadmin
--enable-imagedir=/usr/local/apache2/htdocs/hogehoge/mailadmin/images
--enable-imageurl=/mailadmin/images

   qmailadmin 1.2.11
   Current settings
---------------------------------------
cgi-bin dir = /usr/local/apache2/htdocs/hogehoge/mailadmin/cgi
html dir = /usr/local/apache2/htdocs/hogehoge/mailadmin
image dir = /usr/local/apache2/htdocs/hogehoge/mailadmin/images
image URL = ../images
template dir = /usr/local/share/qmailadmin
qmail dir = /var/qmail
vpopmail dir = /home/vpopmail
autorespond dir = /usr/local/bin
ezmlm dir = n
ezmlm idx = no
mysql for ezmlm = yes
help = no
modify quota = no
domain autofill = no
modify spam check = no
 configureですが、
--enable-htmldir
qmailadominの位置を指定しますが、実際にはコンテンツ(ファイル)は何も配置されず、cgiとimageフォルダが作成されるのみです
--enable-cgibindir
インストール時に、この位置にメインスクリプトであるqmailadminファイルが配置されます(恐らく本体はこのファイル1つだけだと思います)
--enable-cgipath
qmailadminのURLを指定します。この位置が「FORMタグのACTION位置」となりますので配置を変更した場合はこの位置を調整しなければなりません(※1)
--enable-imagedir
install時にファイルを配置する場所を指定します個の位置が通常は/images/となります
--enable-images
画像の位置(※1)この位置が違っていると自分のように画像リソースへの参照ができません
(※1)
enable-images,enable-cgipath、は相対パス(./images/等)を指定することは出来ないようです(最初うまくいくように見えますが、)従って、qmailadminのパスを移動させる場合は再コンパイルが必要です

     
| Linux | 13:41 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.jojo.jp/trackback/910373